読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダホーンのおじさんは、どじょう掬い踊り

自転車、キャンプはたまに。安来節、どじょう掬い踊りについても

夜勤明けからの城南島キャンプ場(初キャンプ・設営編)

キャンプ 自転車 グッズ

入口左の建物が受付。歩いていくと、キャンプ場の方で楽しく騒いでいる若い衆が見えた。恐らく、デイキャンプというかバーベキューを楽しんでいるんだろうけど、あの集団の近くでひとりテント張ることになったら嫌だなぁと思いつつ受付を済ます。

 

f:id:yuma-san4890:20160809110227j:image

おっちゃんからキャンプ場での注意点の説明を聞き、一泊キャンプ料金(600円)を支払う。そして、割り振られたサイトの番号が書かれた紙を受け取る。あとは、キャンプ場へと入っていけばOK!

 

f:id:yuma-san4890:20160809122154j:image

すでにテントが何カ所かに張られている。小さい子がいて、ファミリーで来ているとこもあるようだ。自分のサイトは28番。各サイトにカマドとテーブルとベンチがあり、そこに番号も書かれている。簡単に見つけられたんですが、嫌な予感は的中。さっき見たバーベキュー集団のほぼ隣の位置だった。多少、木で遮られているものの、完全に見えてしまうという。よく見れば、他はさっきのファミリーともうひとつのテントのみ。結構空いてるように見えるのだが、なぜ? 雨だけじゃなく、人生はオレに何回もチャレンジしてくる

f:id:yuma-san4890:20160809105244j:image

 

しばらくリア充を眺めつつ、ベンチでのんびりしてから、初めてのテント設営に取り掛かかりました。

テントは、鹿番長ことキャプテンスタッグのエクスギア・ソロテント。一人用で、ツーリングでも重くなく(2.2kg。充分重いけど笑)、まぁまぁ安い(1.7万円)のを探してAmazonで購入。BUNDOKとかコールマンとか、ソロ用の安いのを探したんですが、なんやかんやで条件良かったのがこれでした。しかし、なぜか口コミ・評価がなくって、そこは不安。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ソロ テント UA-19

 

 説明書見つつ、初めての設営でかかったのは20分。フライを張る向きがわからなく時間かかったけど、慣れれば次は10分内は余裕っぽい。

下に敷いてるグランドシートは、ドッペルギャンガーのやつ。自転車乗りにはお馴染みのメーカーだけど、まさかキャンプでお世話になるとは。

DOPPELGANGER OUTDOOR グランドシート GS1-221 ワンタッチテントT2-66/T2-84/T2-275など対応 (約)2050 × 1230mm

テントを留めるペグは付属のやつ。地面に打ち付けるのにハンマー買うのも持ち運ぶのも嫌だったので、近くにあった石で打ちつけた。でも打ちにくいし手が汚れるし、次は持って行こうと誓いました。

f:id:yuma-san4890:20160809105218j:image

 

取り敢えず、初設営おめでとうの祝杯。一杯飲んでベンチでのんびりスマホして過ごす。

f:id:yuma-san4890:20160809111053j:image

 

キャンプ用として、持ち運びやすそうなサンダルも購入していました。写真の上みたいに普段はペラいんだけど、下のように組み立てるとサンダルになるやつ。履き心地はよくないけど、バッグの隅に入れやすいし、某ビレバンで400円(通常は1500円くらい)で買えたので良かった。

f:id:yuma-san4890:20160809111253j:image

 

テントの中はメッシュになっていて、人1人があぐらかいて座るのと横になるには充分な広さ。180くらいの自分でも、頭に少しの荷物を置けるくらいの縦幅はある。

f:id:yuma-san4890:20160809111027j:image

 

枕は買ってないので、テントとかを収納してきた空のドライパックに空気だけ詰めフタを閉じ、上にタオルをかけたもので代用。タオルかけないとゴムくさいので。しかしあとで、大変な事実を知ることになる。

f:id:yuma-san4890:20160809112946j:image

2way ドラム型 防水パック・ドライバッグ ブラック (10L)

【HummingBird】ドライバッグ 防水 ドライチューブ ショルダー (オレンジ 20L)+万能サバイバルツール +方位磁石付きボトルホルダー

 

外は飛行機が近くを飛び、爆音が立て続けに鳴り響いている。その合間に、バーベキューを終えてフリスビーをしたり遊びに興じている若者たちの声が聞こえてくる。

夜勤明けの疲れとアルコールの力もあって、午後4時頃、最初の眠りにつきました。

f:id:yuma-san4890:20160809113230j:image

 

→夜飯編に続く